おせち料理とは?

おせち料理はお正月に食べるイメージがついていますが、その由来について知っていますか。知らずに食べているよりも知って食べることでより一層深見が増すのではないでしょうか。

おせち料理は正月に食べるというよりも、季節の変わり目「節」に神様のお供え物とし宴(うたげ)を開く宮中でふるまわれていた料理です。いつのまにか、わたしたちの生活に浸透してお正月のおせち料理として食べられるようになったのでした。昔の人たちはおせち料理に対してこのようなゲン担ぎをしていたそうです。豊作、家内安全、子孫繁栄といった願いを込めるようになりより生活に浸透しやすくなりました。しかし、年々、おせち料理を食べる家庭も徐々に減っていきその願いも薄くなっている気がします。このように願いを込めた料理であることを知るとおせち料理と言うのは必ず2016年の幕開けなど年明けの幕開けにとても縁起のよい料理で一年を過ごすのはいかかでしょうか。よい一年になりますように。