PHEV

三菱自動車は5月19日、アウトランダーPHEVの世界累計販売台数が10万台に到達した、と発表した。累計10万台の国別の内訳は、日本が3万3730台。英国は2万1052台。オーストラリアでは、2015台を販売した。

アウトランダーは、このクラスでは珍しく7人乗りの3列シート。3列目は相変わらず足元は狭いが、シートクッションがよくなり、座り心地は格段に向上した。エンジンも基本2リッターと2.4リッターの直4のみ。ギアボックスも形式上は前と同じCVTだ。基本的なところを挙げると、同程度のグレードで比べると、車重が100kgも軽くなってて1520kg。基本寸法は変えず、ボディのメイン骨格に高張力鋼板や超高張力鋼板を多用したそう。注目は「e-Assist」だろう。暗がりや逆光に弱いステレオカメラではなく、悪天候に強いミリ波レーダーを使っている。これは、セット価格9万5000円でアイサイトより1万円も安い。
車下取り価格を知りたい