混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限

WiMAX端末は、機能向上されたものがラインナップされ続けています。
その中においても、通信速度の改良は目を見張るものがあり、現在は、下りの最大通信速度で220Mbps出ます。
とは言っても、ここのところは通信の速さよりも、通信量の方が重要視される傾向にあるようです。
新しいWiMAX機器のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が強化されました。

なぜかと言えば、混雑回避の為の速度制限と呼ばれる3日間で3GB以上の通信を行った場合の速度制限、これが厳しくなったからです。
そう言う事で、メーカーやユーザー的には、ここを意識しているのです。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを搭載し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当時はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応エリアが拡大しています。

なおかつ、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま踏襲し、広い地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。
言う間でもなく、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台にも対応していて、充電しながらの通信にも対応しています。

モバイルのインターネットサービスは、WiMAXの他にも色々なサービスが存在します。(WiMAX 2+対応の新製品W02とWX02、選ぶ判断基準はどこに?参照)

一例を挙げると、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスがあります。速度制限の無いぷららモバイルLTEなのですが、通信の早さは3Mbps程度しか出ないです。ぷららモバイルLTEの通信速度なのですが、WiMAXの速度制限時よりも遅いです。

従って、速度制限無しと言っても、WiMAXと比較すれば、常に速度制限状態だと言えます。

 

WiMAXサービスの評判について調べていると、様々な意見が存在します。具体的には、天気で通信状態が左右されるだとか、そんな批判的な意見もあります。にしても、WiMAX端末の新製品が定期的に発売されて環境は変化しています。ですので、WiMAXの環境は口コミよりも良い場合が多いです。

 

WiMAXの口コミを読む際には、古いものは信ぴょう性が落ちると認識しながら読みましょう。
WiMAXサービスの提供元となるのは、auの子会社となるUQコミュニケーションズなのです。

 

そんな訳で、auに連携したサービスが複数あります。その中で代表的なのが、auスマートバリューmineと言えます。WiMAXサービスの契約を行った後にauで手続きを行なえば、auの料金が割引きされるサービスです。

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOって言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本のアンテナで4回線同時の通信を行なう技術の事です。そのテクノロジーによって、下り最大通信速度が従来の110Mbpsから、二倍の220Mbpsになる訳です。
また、Bluetoothに対応してますので、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングを行なう事が出来ます。
確かにWiMAXには帯域制限がありますが、それほどハードなものではありません。ギガ放題プランで契約すると、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限がありません。

また、混雑回避の為の速度制限の時も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を利用する事が出来ます。

速度制限が掛けられた時であっても、動画を観る事が可能な通信速度はキープされます。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として登場したWiMAX機器が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX端末です。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。
Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーを搭載し、従来のWiMAX端末のWiMAX通信と比べると、一回りくらい広いエリアでの通信を行えます。

他には、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルに対応しているところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との全く違うところと言えます。
WiMAXのサービスを導入した事で、私のライフスタイルは一変しました。

一番大きかった事は、スマートフォン通信で7G制限を気にする必要がなくなりました。

Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットを行なうので、スマートフォンの通信量は浪費しなくなったのです。
そう言う事から、スマホサイトにムービーが設置されている場合であっても、気にせず普通に視聴出来るになりました。

 

WiMAXを利用していて思うメリットは、複数ある様に感じます。まず思い付くのが、無線のネット回線なので、どこにいてもインターネット回線へのアクセスが可能です。
続いて思い浮かぶのが、モバイルのネット通信ですから、ネット開通に伴う工事は不要です。更には、モバイル通信と言う事で、月々の負担額が減ると言う利点もあります。
更には、速度制限が緩い点も、なぜWiMAXを選ぶのかと言う理由になります。

nifty WiMAXでWiMAXの契約を行なうと、Wi-Fiサービスをタダで使用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。対象となるWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類のサービスになります。

nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を使用する事が可能になります。
WiMAX端末を所持してなくても利用する事が可能ですし、通信制限も気にしなくて良いですから、とても評判の良いサービスになってます。
WiMAXのサービスをを提供するプロバイダは、いくつかあります。
契約先となるプロバイダ毎にキャンペーンに違いがありますから、そう言った部分で、気を付けましょう。例を挙げると、出来るだけ安い月額料金でWiMAXを使いたいのであるのならば、Racoupon WiMAXがお勧めのプロバイダと言う事になります。この様に、各キャンペーン毎に契約内容は違いますから、プロバイダ選びは慎重に行なうようにしましょう。

UQ WiMAXを手に入れると、WiMAX端末しか必要ないので、屋内がすっきりします。固定回線だとモジュラージャックとモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで結ぶ必要があります。

モデムは毎月レンタル料金が必要で、月々の使用料金に上乗せされます。加えて、モデムに無線カードを差し込む事も可能ですが、無線カードを使用する際はレンタル料金を取られてしまいます。WiMAX機器は、年々新しいものが発売されています。
個々により機能が異なり、利便性も違います。中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売開始です。このWiMAX機器はau 4G LTE通信に対応し、以前はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲をカバーする事が出来ました。
WiMAXの機器の中には、au 4G LTEと言ったauの通信回線を扱えるものもあります。au 4G LTEは人口カバー率99%の通信回線で、広いエリアで繋がります。
加えて、800MHzのプラチナバンドを使っていますから、隅々にまで電波が届きます。その代わりに、一回でも使用すると月額1005円の回線利用料金が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が掛けられます。WiMAXサービスを提供するプロバイダの中でも、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。
GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを行っていて、そのラインナップの多さも評判の秘密です。

だけど、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな要因は、業界の中でも最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。

それに加えて、保証内容もしっかりしているので、それが評判を支える大きな部分となっているのです。WiMAXに申し込むと、その利便性の高さにビックリさせられます。自分が契約後に思ったのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。私はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なんですが、速度制限でイライラする事が無くなりました。
UQ WiMAXにも通信制限はありますけれど、ギガ放題プランで申し込めば気にするレベルでは無くなるのです。
UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX端末として販売されているSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点がウリのWiMAX機器です。
こんなに速い通信速度を出す事が出来る秘密は、WiMAX 2+とFD-LTEを使用したキャリアアグリゲーションにあります。

 

この3波を使用したキャリアアグリゲーションですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を束ねる事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う脅威の通信速度を実現出来ていると言うわけなのです。ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売している店舗には限りがあるので、選択出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに多くありません。
最近は、WiMAXと言うサービスのプロバイダの中に、独自の保証制度を設けるプロバイダが出て来ました。例として挙げると、Broad WiMAXと言うプロバイダはご満足保証と言う保証の制度を導入しています。その他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を採用しています。
どの保証制度にしても、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。

 

WiMAXサービスを運営するプロバイダの中でも、ちょっと変わっているのが3WiMAXと言うプロバイダです。

 

WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAX系統のものが殆どなのですが、3WiMAXはKDDI系列のWiMAXサービスを取り扱っています。

ですので、3WiMAXには提供されているWiMAX端末の種類が、UQ WiMAX系列のプロバイダとは全然違います。

例を挙げると、3回線を束ねるキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01など、他のプロバイダにはランナップされていません。PEPABO WiMAXには、普段は3種類のプランがあります。28000円の高い現金キャッシュバックが受け取れる通常プランや、WiMAXサービスの月額料金が低価格な通常プランである月額割引プラン。

その他にも、ギガ放題プランを2年の間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランが存在します。
たまに、もっと月額料金の安価なタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、タイムセールはいつもある料金プランと言う訳ではありません。
Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。
その理由は、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が著しかったからです。

 

そう言う訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれるモードが新たに搭載されました。

なおかつ、三日間の総通信量がディスプレイされる機能が新たに搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対応が取りやすくなりました。WiMAXの特長としては、インターネットへのアクセスを無線で行なう事が出来ると言う点にあります。

無線を使いますから、どこからでもインターネットアクセスが可能となります。それに加え、WiMAX機器はポケットサイズですので、持ち運び性が高いです。そう言う点を考えると、タブレットと一緒にカバンに入れて持ち運ぶのも良いでしょう。そう言う理由から、タブレット無料プレゼントキャンペーンを行なうWiMAXプロバイダもあります。ワイマックスと言うサービスがありますが、このインターネット通信サービスって、7G制限が無く、そこが評判となっています。
だから、たっぷりとネット通信を行なう方の場合、ストレス無くインターネットを楽しむ唯一のモバイルサービスと言えます。
7G制限のストレスがしんどいと言うのであれば、契約を考えてみてはいかがでしょう?UQ WiMAXサービスには様々な料金プランがありますけど、25ヵ月間契約が一般的です。

 

なぜかと言うと、25ヵ月間縛りの契約を結ぶ事で、25ヵ月間の月額料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。

 

また、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適応になるので、おのずと、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。

500円と聞くとそんなに大した金額ではありませんけど、割引きは月単位の事ですので、お得感はどんどん重なって大きいものとなります。
WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中の一つで、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダがあります。

このプロバイダが運営しているWiMAXサービスですが、1年間分のセキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。
So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスですが、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスです。

本来は月額500円掛かる有料サービスですから、6000円くらいのお得感になると言えるでしょう。電機屋にて、光回線に入りませんかと、店員さんに話をされました。

 

でも、WiMAXを使っている私ではありますし、言うまでもなく、そんなもの必要ありません。
WiMAXユーザーなので必要ないと答えたところ、想像してなかった返事が返って来ました。WiMAXと言うと、天気が荒れてる時の受信は落ちるでしょう?だけど、今までのWiMAXユーザーとしての経験上、WiMAXが天気に左右され、使えなくなる等と言う事は一度もありません。台風で天気が大きく荒れた日も何度かありましたが、WiMAXの通信環境に悪影響を及ぼす事はありませんでした。
WiMAX端末は通常価格が20000円しますし、クレードルのセットで22750円もします。結構な価格となりますので、WiMAX契約の際の足かせとなってしまいます。
そう言う訳で、それぞれのプロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントを行っています。プロバイダによってはクレードルとセットでタダの所もありますので、そんなプロバイダを選ぶとベストです。WiMAXサービスを提供しているのプロバイダの中では、完全オリジナルのキャンペーン特典が準備されているところもあります。

具体例を出すと、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合、DTI Club OffってDTI会員だけのオリジナル割引特典が付いて来ます。

DTI Club Offとは、全国各地にある旅館やテーマパーク、加えて、温泉施設やインテリアショップ、飲食店や宅配ピザなどなど、さまざまなサービスを特別優待価格で利用する事が可能です。
映画や展覧会、美術館やカラオケなど、書ききれないくらい対象となるサービスは幅広いですから、色んな人にお得感を感じて貰う事が出来ます。
WiMAXサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、途中で解約をしてしまうと契約解除料を請求されてしまいます。そんな長い契約期間になっていますので、きちんとしたところと契約を行いたい所です。

結構見落とされがちな部分が、各契約先のサポートセンターの対応です。
カスタマーサービスの受付日が平日だけだったり、フリーダイヤルじゃ無いプロバイダも少なくないですから、しっかりと判断してから契約を行いたいものです。