どのプロバイダと契約をしても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも

WiMAXと契約を行う時、様々なキャンペーン特典が付いています。

 

中でもお勧めなのは、公衆無線LANを利用出来るようになるサービスでしょう。
UQ WiMAXならばUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。

どのプロバイダと契約をしても付いて来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、多数のWi-Fiスポットと提携しているサービスです。nifty WiMAXでWiMAXサービスの契約を行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が可能となるキャンペーン特典が付いて来ます。

対象となるWi-Fiサービスなのですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類です。
その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が出来るようになります。
WiMAX端末を所持してなくても使用する事が出来ますし、通信制限も気にしなくて良くなりますので、とても評判の良いサービスになってます。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能に対応し、下り最大通信速度が従来の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なう技術の事です。このテクノロジーによって、下り最大の通信速度が以前の110Mbpsと言う速度から、二倍の220Mbpsとなるのです。その他には、Bluetoothと言う機能に対応していますから、Wi-Fiよりも少ない消費電力でテザリングをする事が出来ます。URoad-Home2+はホームルーターとして製造されたWiMAX機器なので、バッテリーを内蔵していない為、使用用途は屋内使用のみに限定されています。(UQ WiMAXの料金はどれくらいかかる?を前提に)そんな部分はありますが、可動式の高利得アンテナが外付けになっており、受信精度の高さが特徴の一つになっています。更に、同時に16台もの機器をWi-Fi接続出来る上、2台の機器を有線接続する事が可能です。

加えて、WiMAX通信のみを使用するノーリミットモードを搭載していますから、速度制限に囚われる事なくインターネットを利用する事が可能です。

 

WiMAXの端末の中には、au 4G LTEと言うauの提供する通信回線に対応しているものもあります。

au 4G LTEは人口カバー率が99%の通信回線で、広いエリアで繋がります。

 

そればかりか、800MHzのプラチナバンドの電波を使用していますので、奥まった部分まで電波が届きます。その一方、一度でも使用すると月に1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が普通に適用されます。
WiMAXには料金プランが幾つかあります。
プロバイダで違うので一概には言えませんが、大体、2種類の料金プランが存在します。
その料金プランとは、ギガ放題プランと通常プランと言う料金プランです。
ギガ放題プランの場合は若干月額料金が高くなりますが、思う存分通信を行なう事が出来る料金プランです。
逆に、通常プランは月額料金の負担が少ないものの、その分だけ速度制限の規制が厳しくなると言う点に注意しましょう。
自分が1ヵ月でどれくらいの通信を行なうか照らし合わせて、自分に合った料金プランを選びましょう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約をすると、月額料金の決済の度にGMOポイントが100pt貯まります。貯まったGMOポイントはBBウォレットにて100円に換金可能で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いに使用する事が出来ます。BBウォレットの残高にお金を振り込んでおけば、自動的にGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に使用されます。

更に、GMOポイントは約2万店の提携店の通信販売で現金の代わりとして使用出来たり、クーポンサイトであるくまポンで使用する事も出来ます。WiMAXサービスを販売するプロバイダの一つに、Broad WiMAXと言ったプロバイダがあります。
Broad WiMAXの特長には、月額料金が安い部分が挙げられます。それだけ初期費用が高いのですが、クレジットカード払いの方は初期費用が無料になるキャンペーンが実施されています。

契約から25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダなのですから、長い期間契約を続ける方にはお勧めのプロバイダとなります。WiMAX通信の出来る端末のサイズは、スマートフォンよりもミニサイズです。
従って、持ち出しするのに邪魔になりません。

 

ポケットにも楽々入りますし、重量や厚みも大した事無くて、ポケットに入れても余裕があります。
ワイマックス対応の通信機は、スマホアプリを使って操作可能です。
なので、WiMAX端末をカバンの中に入れ、その状態で使用する事も可能です。評判のWiMAXではあるのですが、結構言われている事があります。
例として、通信速度が遅いだとか、そう言う悪い口コミもあります。そんな状況ではありますが、WiMAXの対応エリアは毎年広がる一方です。と言う訳で、実際にWiMAXを使用すると、思ったほど悪く無いと感じるケースは多いです。

 

WiMAXに対する口コミを読むときは、いつ投稿されたかまで確認した方が良いでしょう。

WiMAXを契約すると、その機能性の良さにビックリさせられます。私が契約後に思ったのが、通信制限が厳し過ぎないと言う部分です。

私はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、速度制限のせいでイライラする状況がありません。UQ WiMAXにも通信制限はありますが、ギガ放題プランで申し込めば気になるレベルでは無くなるのです。
WiMAXの契約先となるプロバイダは、何社か存在します。

それぞれのプロバイダでキャンペーン特典が異なりますので、そのあたり、気を付けた方が良いです。

具体例を出すと、安心感とキャッシュバック額の両方を両立したいのであれば、シナジーパートナーズがお勧めの契約先と言う事になるでしょう。

こう言った様に、各キャンペーン毎に契約内容は違いますから、少しでもお得なプロバイダと契約を行うのが望ましいでしょう。

WiMAX通信に対応した通信機器は、年々新しいものが開発されます。
それぞれにより性能が違い、スペックも違います。
そんな中でも驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売です。このWiMAX端末はau 4G LTE通信に対応していて、当時はまだ不足していたWiMAXの通信可能範囲を広げる事が出来ました。WiMAXの強みは、無線通信でインターネットを利用出来ると言う利便性が挙げられます。

無線を使いますから、インターネット環境を持ち運ぶ事が出来るようになります。なおかつ、WiMAX機器はポケットサイズですので、持ち運ぶ際に負担になりません。
そう言う部分を考慮すると、タブレットとの組み合わせが抜群です。

そんな所から、プロバイダによってはWiMAXとタブレットをセット売りしているところもあります。新たにWiMAXのサービスを導入した事で、私の生活は一変しました。

 

一番大きかったのが、スマートフォンで7G制限を気にする必要がなくなりました。Wi-Fi通信を使ってWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンの通信量は浪費しなくなった訳です。
そう言う流れで、スマホサイトにムービーが埋め込まれている場合であっても、気にせず普通に観れる状態になりました。

 

月額料金の安いWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダが存在します。

びっくりするほど月々の費用が安いプロバイダですから、色々と制約を付けないのであれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダと言う事になります。ですけれども、auスマートバリューmineには非対応ですので、auでスマートフォンやケータイを契約しているユーザーにしてみれば、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。

そして、直接のユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していませんので、そんな部分でも注意が必要なWiMAXのプロバイダと言えます。

Broad WiMAXとは株式会社リンクライフが運営するWiMAXサービスで、その中でも月額最安プランが特徴的です。

月額最安プランと言った料金プランの特徴としては、月額料金が安い代わりに初期費用が必要となる部分にあります。

ただし、一定の条件を満たす事で初期費用がタダになるWeb割と言うキャンペーンが実施されていますので、結局のところ初期費用は支払う必要が無くなります。その他、いつでも他のインターネットサービスに乗り換える事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最速で契約したその日中に発送されると言う点もBroad WiMAXの特徴となっています。UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX機器として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う部分が強みのWiMAX端末です。

こんなに速い通信速度を出す事が出来る理由は、WiMAX 2+とFD-LTEのキャリアアグリゲーションと言う技術にあるのです。
この3波CAですけど、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を同時利用する事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を達成出来ている訳なのです。
とは言うものの、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売しているショップには限りがあるので、利用可能なキャンペーン特典の選択の幅もそんなに多くありません。WiMAXを利用する際、注意する速度制限が二つあります。一つめが、月間データ量による速度制限、一般的に言われる7G制限と言われているものです。ふたつ目が、混雑回避の為の速度制限と言われるものです。ギガ放題プランに申し込むことによって、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外となります。ただ、混雑回避の為の速度制限は適用となります。

WiMAXサービスを提供しているプロバイダの間でも、少し変わっているのが3WiMAXと言うプロバイダです。

 

WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAX系統のものが大半なのですが、3WiMAXの場合はKDDIのWiMAXサービスを取り扱っています。

 

そんな訳で、3WiMAXではラインナップされているWiMAX端末の種類が、UQ WiMAX系列のプロバイダとは全然違います。具体的には、3回線のキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBサイズのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系統のプロバイダには提供されていません。

WiMAXを利用していて感じるメリットは、複数存在します。

 

まず思い浮かぶのが、無線を使ったサービスなので、任意の場所からインターネットアクセスが可能な点が挙げられます。
二点目が、無線を使ったサービスなので、ネット開通に伴う工事は不要です。

 

はたまた、ネットの開通工事を行なう必要はありませんので、毎月の通信費が低くなると言うメリットがあります。
なお、通信規制が緩い点も、WiMAXの人気の秘密と言えます。UQ WiMAXを購入すると、WiMAX機器しか必要ないから、部屋の中がすっきりします。光インターネットだと電話線とモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をケーブルで結ぶ必要性があります。モデムは月々レンタル料金が必要で、月々の使用料金に上乗せされます。方法として、モデムに無線カードを差し込むと言う事も可能ですが、無線カードを使用する際はレンタル料を取られてしまいます。

最近、WiMAXと言うサービスのプロバイダの中に、独自の保証制度を設けるプロバイダが出て来ました。例として出すと、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証の制度を導入しています。その他、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を導入しています。

いずれの保証制度にしろ、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。
なぜかと言えば、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が著しかったからなのです。そう言う訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと言うモードが新たに搭載されました。
合わせて、三日間の総通信量がディスプレイされる機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策が取りやすくなりました。周知の通りWiMAXには通信制限がありますが、それほどハードなものではありません。ギガ放題プランにて契約すると、ハイスピードモードの時の月間データ量による速度制限はありません。混雑回避の為の速度制限の際も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が可能です。

 

帯域制限時であっても、動画を観る事が出来る通信の速さは維持されます。
WiMAXの月額料金ですが、実は、契約先によって金額が違います。具体的には、Broad WiMAXは最初に高い初期費用が掛かる代わりに、契約期間中は月額料金が割引きされます。それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がかなり安いですが、申し込み25ヵ月目からの月額料金は高額になります。こう言った風に、各申し込み先によって月額料金に特徴がありますから、それを把握した上で申し込み先を検討しましょう。WiMAXと言うモバイルインターネットサービスの提供元は、auの子会社となるUQコミュニケーションズです。だから、auに連携したサービスがいくつかあります。そんな中で代表的なのが、auスマートバリューmineと言えます。
WiMAXの契約を行った後にauで手続きを行なえば、auのサービスの月額料金が安くなるサービスとなります。
UQ WiMAXサービスには色々な契約プランがありますが、25ヵ月間契約が基本です。なぜなら、25ヵ月間縛りの契約をする事で、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。
合わせて、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用されるので、最終的に、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事になります。

500円と聞くとそんなに大した金額ではないですが、値引きは毎月の事ですから、お得感はどんどん積もり積もって大きくなります。PEPABO WiMAXは、普段3種類のプランがあります。28000円の高い現金キャッシュバックが貰える通常プランとか、WiMAXサービスの月額料金の安い通常プランとなる月額割引プラン。

その他にも、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用可能な料金プランがあります。

ちょこちょこ、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランがラインナップしている事もありますが、タイムセールはいつもラインナップされている料金プランではありません。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装して、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末としてラインナップされました。発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、現在は対応エリアが広がっています。
更には、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま踏襲し、広い地域での通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。

勿論の事ですが、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルにも対応してて、充電しつつの通信も可能です。