友人の引っ越しを大変な思いで手伝いました

以前、私の友人が転職する為に引越しをする事になりました。
その時の友人は単身で、一人で引越しをするのは大変なので、手伝いに来て欲しいと頼まれたのです。
友人の為ならお安い御用と思い、私は友人の家に引越しの手伝いに行きました。

ですが友人の家の中は片づけをしておらず、まるでごみ屋敷状態だったのです。
そこでまず、家の中を片付ける所から始めたのです。
友人に一つ一つ聞きながら、必要な物と不要な物を分けました。

物は幾重にも積み重なっており、それを移動するだけでも一苦労でした。
それでもなんとか時間を掛けて、家の中を片付ける事が出来たのです。
この後引越し荷物の梱包作業に入りました。

友人は引越しが初めてで、梱包の仕方が良く分からないと言うので、私が色々と教えながら梱包作業を進めました。
しかし結局殆ど私が一人で、梱包作業をしたと言う感じになったのです。

梱包作業を終えて引越し準備が一段落したので、友人がお寿司を取って振る舞ってくれました。
お寿司は美味しかったものの、部屋の片付けから梱包作業までやらされ、散々な思いをした一日でした。

単身パックで格安に引越しをする条件は何