引越しの不要品の処分は本当に面倒

引越しでは必ずといっていいほど不要品が出てきます。私は何度か引越しを経験していますが、その度に不要品を処分してきました。生活をしているうちに新たな不要品がどんどん増えていくのです。

しかもちょっとやそっとの量ではありません。結構な量の不要品なのです。普段の生活の中ではいらないものがあるという認識はまったくないのですが、引越しのときの荷造りになるとどういうわけかいらないものが目に付き始めるのです。普段どれだけ荷物を見ていないのか、何があるのかを把握していないのかがよく分かります。

また不要品にあまり時間はかけたくないのですが、物によって捨てられる日や処分の仕方なども変わってくるため、そういうわけにも行きません。

一番面倒だったのは大型の不要品です。なるべく費用をかけたくなかったため、廃品回収業者は利用せず、ゴミ捨て場に持っていったのですが、重量のせいでなかなか目的の場所にたどり着けませんでした。本当に不要品の処分は面倒だなと思います。

単身パックで広島から東京へ引越しをする