初めての子宮がん検査でのこと

30代半ばも過ぎ、そろそろ結婚や出産を真面目に考えようと思い、それまで怖くてずっと避けてきた婦人科検診を受けてみる事にしました。

乳がん検診と子宮がん検診とエイズ検査を受診しました。受診した病院から電話があったのは一週間後です。

 

今すぐ再検査を受けて欲しいと言われ何事が起ったのか病院へ向かいました。先生からイラストや辞典のようなもので説明されましたが、何を言われているのか理解できませんでした。検査結果は高度異形成という病気で子宮頸がんになる手前だと言われました。自覚症状はなかったのかと聞かれ、痛みがあったことを話しました。子宮腺筋症

 

不正出血が代表的な自覚症状なんだそうです。そして、初めて婦人科検診をした人に限って再検査になる事が多いと言われました。再検査の結果も同じで、検査の苦痛だけが半年続きました。私の場合は、検査での出血が酷く貧血を起こしてしまうので翌日の仕事も休むようになり精神的にも負担でした。

 

先生に相談すると「ガンになるのを待つか、待たずに手術するか」の二択と言われ私は子宮頸部を取り除く手術を選択しました。すぐに入院施設のある病院へ紹介状を出してもらい、手術を受けるための術前検査を一通りやりました。その後、入院の日取りも決め最終的な入院前の説明をされる日、奇跡が起きました。

 

術前検査で異常なしという検査結果がでたと担当医から言われました。異常のないものは手術出来ないと話され入院も手術もなしになりました。

 

その後定期的に検査を受けても異常は見当たらず一年で通院も終わりました。検査の段階で悪い細胞を取ってくれた先生に感謝しています。