仮病だと言われた生理痛

生理痛にも痛みの具合やタイミングが人により異なります。寝ても覚めても痛い人もいれば、生理痛前から鈍痛が襲う人他人には理解されにくい痛みと戦っている人もいます。生理痛ごときで病院にいくなど仮病じゃないかと疑う人さえいます。

経血時の子宮の伸縮だけで痛いとはかぎらないのです。内膜症やその他、感染的なのもで痛みわ伴うこともあります。痛みも立っていられないほどで痛み止が効かないケースもあります。

 

痛みがあることを我慢せず、痛くなり始めたら直ぐに痛み止を服用することで痛みの対策をします。

痛みが強いときは、経血も多くナプキンの交換も大変で、椅子が真っ赤に染まったこともあります。

 

痛みも強くお漏らしをしてしまったような恥ずかしさもあり痛みにはナィーブな感情がまだ残っています。ナィーブなところも理解されにくい生理痛ですが、お腹の痛みの他に吐き気や腹下しなど。卵巣嚢腫

 

経血による痛みの他にホルモンバランスの乱れも痛みに関係しています。生理痛プラス頭痛なんてことも珍しくありません。生理痛で休みますと社会に出れば言い出しにくく、ひたすら痛みを我慢し薬をのむ日が続きます。

 

病院でも産婦人科の医師の多くは男性でやはり辛さは理解してもらえません。痛み止だけ処方されて、お大事にと診察室から追い出されるようにでることも度々です。診察の際、お腹を押されて、痛いところを聞かれ大半の場合、卵巣が腫れていますといわれます。生理痛から解放にはなりまさせん。

 

痛みを理解して貰うことは難しいですが、そういった症状は頭の片隅においてほしいです