ズワイが食べたくなって

寒い季節ですね。こんなときは、やっぱり鍋物に限ります。
で、いま食べたいのは、牛肉のすき焼きでもなく、魚介類の寄せ鍋でもなく
カニです。カニ。ズワイガニかタラバガニの脚を食べたいんですよね。

それにしてもズワイガニって、なんでズワイガニって言うんでしょう。

ネットで調べたらすぐに分かりました。
ズワイガニは漢字では頭矮蟹と書くそうで、「矮」という字は
矮小とかで使うように「小さい」というような意味があるようなんですね。

つまりズワイガニは、その名の通り脚の部分に比べて、頭(甲羅の部分)の
部分が小さいために、頭矮蟹(ズワイガニ)と呼ばれるようになったそうです。

で、このズワイガニ、日本国内の主な産地は兵庫県、鳥取県、石川県、福井県、
北海道などのようですが、産地によって名前が変わるカニなんです。

有名なのは、マツバガニ(松葉がに 島根県、鳥取県、兵庫県)、
エチゼンガニ(越前がに 福井県)などですが、まあ漢字で書くと
隠岐松葉蟹、松葉蟹、間人蟹(たいざがに)、越前蟹、加能蟹などなど、
いっぱい名前があるみたいです。

食べ方としては、私が思ってたカニ鍋(かにすき)で食べる以外にも
かにしゃぶなんかで食べても美味しいみたいです。

うーん、かにしゃぶにしようかな。
カニ食べたい