高齢化

先日、日本老年学会で、現代人は心身が若返っているとのことで、65歳以上が高齢者といたのが、75歳以上に引き上げるべきだとの提言上がっていることがわかりました。超高齢化に伴って、高齢者の定義が変わってきそうです。

この提言の内容は、現代の高齢者は、10~20年前と比較しても加齢に伴う衰えが、遅くなっていることなどもふくみ、若返りが、なされていることや、65~74歳は活発に活動できている人が多数を占めているからであるとして、社会一般の意識も高齢者としての年齢が高まっていることが、あげられていた。

この提言によって、高齢者の年齢を75歳に引き上げられることで、就労できる期間を伸ばしたり、ボランティア活動などにも参加してもらえるようにすることで、社会の支え手としてとらえるべきだとしていた。

でも、年金に受給年齢に反映することは、慎重に態度を示したという。確かに年金受給も変更されたら大変なことになってしまいますよね。

 

もう、65歳は高齢者ではない時代も近いうちに来ているのではないでしょうか?

薄毛だってなんだって働かなくてはならないってことですね。