ドライバーで飛距離をアップさせるには

ドライバーで飛距離をアップさせるには、まず大きく回転させることが重要となります。

手と体を一体化させ、体全体を大きく回転させるのです。
そうすることで、スイングアークが大きくなり、遠心力が高まってヘッドスピードがアップします。
ヘッドスピードがアップするということは、球にジャストミートすれば飛距離が出る、ということになりますね。

その中で重要なのが、体重移動です。
バックスイングで右足に、ダウンスイングで左足に、体重移動をさせるのですが、それが初心者には難しいのではないかと思います。
重心移動をうまく行うには、まずアドレスをしっかり確認しましょう。
軸がぶれていれば、体重移動をうまく行うことはできません。
アドレスはゴルフの基本中の基本です。アドレスとグリップは真っ先に覚えるようにしましょう。
アドレス時には、体重配分は5分5分が適切です。
どちらかに偏っている時点で、アドレスがうまくできていないことになります。
特に初心者の場合、右足体重になりがちなので要注意です。
そこから、体重を少しずつ移動させることを考えながらスイングを行います。

ゴルフ初心者はここを中心に練習を行ってみてください。