鬱病で働けなくて借金返済できない

鬱病で働けなくて借金返済できないという人は珍しくなくなってきています。鬱病になって外に出るのがしんどくてずっと家に引きこもっている人は少なくないです。

そういった人たちは会社を退職しても次の仕事を見つけることができずに、借金がどんどん膨らんできてしまっているということは珍しいことではないです。

鬱病で働くことができないと、借金返済できないのはもちろんですが、経済的にも立て直すのが難しいのでそのままどんどん貧困に陥ってしまうことになります。

またこういった経済的な不安は鬱病を加速させる原因にもなってしまいます。

やはり自分の貯金がどんどん減っていってしまったり、借金がどんどん増えていってしまうと「これから生活どうするんだ?」と絶望する人も少なくないです。

鬱病は簡単に治療できるというものでもないので、どうしても治療には時間が必要になってきます。

その際には自己破産生活保護を含めて、鬱病を治して働くためにある程度のセーフティーラインをしっかりと理解しておく必要があります。

詳細はこちら