脂肪の働きを理解して効率よくダイエットする!

ダイエット時には脂肪燃焼を意識した方法を選択することがありますが、脂肪の働きを理解することで、より効率よくダイエットすることが可能になります。脂肪には種類があり、脂肪をためこむ性質のものと、脂肪を燃やすを助ける性質のものがあります。
白色脂肪細胞は、脂肪を貯め込むための細胞です。体全体にあって、単に体脂肪という時には、白色脂肪細胞を意味していることがほとんどです。白色脂肪細胞は脂肪を蓄積する性質があり、過剰にカロリーを摂取して余りが出た時には、その余ったカロリーを体脂肪として蓄積しておきます。脂肪細胞の数自体は、思春期にかけて増え続け、それからは脂肪の数自体は変わらなくなります。あとの脂肪細胞は、褐色脂肪細胞という名前がついていて、脂肪の燃焼に関わる働きを担っています。褐色脂肪細胞は、体の体温を正常に保つためのヒーターのような役割を担っている細胞です。体内のエネルギーを燃焼させてくれる貴重な細胞でもあり、その数は白色脂肪細胞よりもはるかに少なく、しかも年齢とともに減る傾向にあります。褐色細胞がどう機能しているかは人によって違います。どんな刺激を加えると褐色脂肪細胞の機能は促進されるかがダイエットの鍵を握ります。褐色脂肪細胞が活発に働くよくに、冷水と温水のシャワーを交互にかけたり、外気に肌をさらしたり、褐色脂肪細胞のある肩甲骨を使う運動をしたりします。睡眠時間の確保や、生活習慣の改善が、褐色脂肪細胞の働きを高め脂肪燃焼を促進してくれると主張する人もいます。肥満になりにくい体質になるためには、褐色脂肪細胞の働きを活発にし、体脂肪を燃焼しやすい状態にすることが大事です。