引っ越し当日は方々へ目配りを

学生時代に、神奈川県から東京都へ引っ越しをしました。シーズンと重なり、なかなか希望日に予約が取れずにいました。単身なので、荷物はさほど多くなく、家族にお願いして自力で引っ越しをしようかとも考えていました。

そんな中、ある大手の引越し業者の方から、キャンセルが出たので希望日に受付が可能になったと連絡をいただき、お願いすることにしました。

引っ越し当日、作業に来てくださったスタッフは若い男性2人でした。一人の方は、経験があまりないようで、少し戸惑い気味に作業をしているように見えました。

作業を終えた数日後、テレビ台の位置が気になり、少しづらそうとしたところ、壁にぽっかり穴が空いているのを発見しました。入居前に室内の破損などがないことを確認済みでした。おそらく、荷物の搬入時にテレビのボードの角が当たってしまったのだと思います。

引越し業者に電話したところ、当日の申し出ではないと保証の対象にはならないと言われてしまいました。当日に確認しなかった私にも非があるのかもしれませんが、やはり、スタッフの方に正直に申し出ていただきたかったです。

後味の悪い結果となってしまい、引っ越しと聞くとあの壁の穴を思い出してしまいます。引越し時には、方々への目配りや確認が必要だとつくづく感じた経験でした。

引っ越し業者に見積もり依頼すると粗品がもらえます