オリジナルのカーテンを縫う楽しみ

私は手縫いが趣味です。大きいサイズのものではカーテンを手縫いします。
西日暮里は生地の問屋街なので、よく購入しに行きます。

この界隈の良いところは、その年流行の生地や、ドレス専用などの地元では入手できない生地が売られていることです。
こうして時間があるときに買い集めた布地を自宅にストックしているので、縫い始めたい時に生地から探しに行くことはほとんどありません。
カーテンが面白いのは、ぴったりとサイズを合わせて制作ができることと、
その時々に自分が好きなカラーやデザインのカーテンを、またいつでも縫い替える楽しみがあることです。
無地で部屋に合うカラーを選び、刺繍を施してアクセントにしたり、夏場だけに使用するカーテンには透ける素材を使うなど、飽きることがありません。
これまでに作ったカーテンは良く洗い、気に入っている部分を切り取って、ポーチなどにリメイクします。
この時には新しいリボンを施したりと、今度は新しい小物への変身を愉しんでいます。

nutteで裁縫職人に依頼しよう