教科書の処分方法について

教科書類は取っておくとすさまじくかさばりますよね。出来ればもう使わ無いと言うものは早めに処分してしまいたいところです。

わたしは3つの手段で今まで教科書を処分してきま行なった。わたしは高校のころ、福祉系の専門科に所属していたため、大体の教科書が専門的なものでおこなった。また専門的な教科書は大抵がずっしりと重く、ガッシリと厚いのです。卒業してすぐ、ひとり暮しを始め、必要になることもあるかとおもい、専門的な教科書を持ってはいったものの、結局邪魔に、、、ついに処分することに決めまおこなった。一つ目の手段は無難に廃品回収に出す、です。この手段ならお金もかからず、中身の恥ずかしい落書きも見られることなく、一気に破棄することが出来ます。ただ、売却では無いため、無料でできますが、1円も収入にも成りません。二つ目は某古本屋に持ち込み、売る事です。とはいえ、専門書は非常に安く買い取られます!おそらく買い手が限られているため、なかなか売れ無い身体とおもいます。1冊10円にくらいなっただろうか、、、といったところです。加えて、重たい教科書をわざわざ店舗に運ぶ必要があり、大変でおこなった。三つ目はネットショップで専門書を取り扱っているところに売る事です。これなら、ネットショップなので、配送で教科書を取りに来てもらえるし、専門書を取り扱っているところなので、査定額も高めで行なった。特に辞書等は高く買い取ってもらえ、満足行なった覚えがあります。折角処分するなら、賢く、お金にしてしまおうとおもい、3つの手段で処分してみま行なった。是非みなさんも判定基準にしてみてはいかがでしょうか。

教科書売るならテキストポン