地球規模に見てもとても珍しい良質なヤッパ。

江戸の時代から金属を商いにしてる者は、砂に古いをかけ、溶かし固め、鉄を取り出し、地球規模に見てもとても珍しい良質な刃物を作り上げました、その中でも一般の家で使われる包丁、その包丁の切れ味が鈍くなれば、食材の繊維を潰してしまい、旨味や水分を逃し、食べ物を美味しくないものにしてしまいます。

刃物の歴史でも良質の刃物は、良質の研ぎ師によってのみ、切れ味を復活させる事が出来ました、その時に包丁は本来の能力を思い出すのです。刃物は切れなければ存在価値は無いに等しく、材料や使用者や刃の鋭角さが揃って切れ味を発揮できるようになります。所有する道具には出来うる投資をして、最高品質のものを購入したいですね。包丁は大きく分けて2種類あり、日本の和包丁と、欧米の洋包丁です、前者は片刃で研ぎやすく切れ味を出しやすいが錆びやすい、後者は両刃で耐久力が高く錆びにくいが切れ味を出しにくい。

家庭用包丁の定番は三徳包丁の両刃包丁になります。洋包丁を好みで片刃に研いで使われることもあります、しかし和包丁の片刃とは裏スキのあるなしが変わってきます、裏スキがある和包丁は、研ぐ面積が少なく研ぎやすく、切る食材への抵抗が少なくなり、切り離れもよくなると沢山のメリットがあります。和包丁の右利きと左利きの差はわかりやすいですが、洋包丁にも右利き用の刃付けと左利き用の刃付けとがあります、片側の刃の角度を変えて、少し片刃の角度に近づけます。

刃物が切れ病んでしまった時は刃物の研ぎ屋を探しお願いしましょう。

親身になって聞いてくれる包丁屋さんを探す事が大切です、悪徳グラインダー削り屋さんもいますから、安易に選んではいけません。中にはグラインダーで物凄い上手な方もいますが、一握りですし、手で研ぐより沢山刃物を削ってしまうことは明らかです。家に置いてある使ってない包丁が錆び錆びになっていた、そんな経験があると思います、鋼はもちろんステンレスの包丁まで赤錆びが出ている事すらある、長期に渡って包丁を保管する場合はしっかり水気を切り、油を薄くひいて、新聞紙などで巻いて、湿気の少ないところで保管します。これだけで大切な刃物を傷める事がなくなります。包丁・はさみ等の刃物研ぎ屋「研ぎ陣 谷中銀座店」です。