人それぞれの感じ方 価値観

今日、真ん中のメンタルクリニックがありました。
心理テストを診察後に、2時間とちょっと。
長女を起こしてから、身支度をして夕方までに長女がするべき伝言をしたら、すぐ出発しました。

通院も、もうじき半年になります。大体月1ペース。まだ真ん中は先生に心をひらけていないので、話せません。診察室では、紙飛行機をとばしたり、手袋やスリッパを投げて、ママが「ありがとうございました。」をするまで、わき見でチラっと、こちらをみる程度。

焦りはしないし、ドアに入れないわけでもないし、お話しに来る場所で、誰も意地悪言わないと安心してくれていたら(そこまで、あのこの感覚にフィットしているかは、わかりませんけどね。)良いですけどね?

心理テストでは、見本になる形と、当てはまる数があって、時間の中でパズルのように、紙に正解を書いていくものや、馬のかたちをパズルで作ったりしたそうです。
最後に、木を描いたと教えてくれました。
結果、2週間で出ると言われたので、読みが外れ、年内もう一度通院予定を作ることになりました。
帰りの、1番の難関の坂の途中。
私のボロい自転車が悲鳴をあげていたので、手前の自転車屋さんに助けを求め、直してもらいました。
その作業を、じっとみていた真ん中。
うちの前に自転車をとめて、労いに自転車をふこうと思っていた私の側に来て「自分の自転車、自分でふく。」と、言いました。

感謝すること、1日大切に感じること。工夫すること、私と感性がぴたり同じ子なんです。

頼んでないし、やりなさいなんて思っても促しもしていない。
自分で何が大切か、ふわっと感じたのでしょうか?

京都出会い