子供と大人が一緒に創作する結果

今日は土曜参観日で親子活動があった日でした。子供が予め作っておいた設計図に沿ってオモチャ作りをすると言うものです。もうどこの親子も一緒ですが作り始めると親の方が真剣になっちゃうんですよね。段々と子供の設計図の原型が無くなっていきます。先生に「あと5分で仕上げましょう」と言われてから時間内には親の思った通りには出来ないなと諦めてから子供に「あとは好きに作たらいいよ。」と丸投げします。という事を私が毎年やっています。周りも同じ感じですね。家でも出来ることなので家でゆっくり一緒にやってあげれば良いだけなのに、こんな機会を設けてもらって必要に駆られないとやらないんですよね。そんな事も予想して学校が一緒に何かを作る授業にしているのかもしれませんね。ちなみに「時間です、手を止めましょう。」と先生に言われたら子供は100%従います。大人は絶対キリが良いところまでやろうとしますね。これも私ですが。でも子供の作った物を褒められて心から喜びます。私は子供が褒められたいんですね。

夫婦のスキンシップをとるには